介護保険施設における退院患者の受け入れ促進に向けた取り組み 退所前連携加算(500単位)

コロナ感染者により地域の病床が逼迫している状況を踏まえ、重症患者の病床を確保するための施策が出されています。

介護保険施設における退院患者の受け入れ促進に向けた取り組みについても、新型コロナウィルス感染症対策の基本的対処方針において、退院基準を満たした患者さんについて、高齢者施設における受け入れを促進することとされたことを踏まえ、臨時的な措置として、介護報酬における特例的な評価が行われることになりました。

具体的には、

退所前連携加算(500単位)について30日間特例的に算定を認める

とされました。

対象サービスは、介護保険施設(特養、老健、介護医療院、介護療養型医療施設)となっています。実施期間は、事務連絡発出日のサービス提供分からです。

詳しくはこちらをご覧ください。

●詳細はこちら⇒ http://www.roken.or.jp/archives/23977

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です