[改定情報] 診療報酬本体を0.55%引き上げ、働き方改革に消費税を充当

加藤勝信厚生労働大臣は12月17日、麻生太郎財務大臣との予算大臣折衝に臨み、2020年度の診療報酬改定率を決定した。診療報酬本体は0.55%引き上げ、うち0.08%(公費126億円程度)は、「救急病院における勤務医の働き方改革への特例的な対応」として消費税財源を充てる。これを除く通常改定分(0.47%増)の各科改定率は▽医科/0.53%増▽歯科/0.59%増▽調剤/0.16%増。各科の配分比率は従来通りの1対1.1対0.3となった・・・ (続きは、会員専用ページ  https://labo.mcpc.info/2019/12/18/[改定情報]-診療報酬本体を0-55%引き上げ、働き方改革に消費税を充当/ よりご覧ください・)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です