【改定情報】平均乖離率は薬価約8.0%、材料価格約5.8%

 厚生労働省が12月4日の中央社会保険医療協議会・総会に報告した薬価調査の速報値によると、薬価と市場実勢価格の差を示す平均乖離率は約8.0%だったことがわかった。消費税率引き上げ対応の2019年10月改定のために実施された18年度調査時の約7.2%と比べると、0.8ポイント差が広がった。後発医薬品の数量シェアは約76.7%(p3参照)。 19年9月取引分について、販売サイドから11月5日までに報告があったものを集計した。談合・・・ (続きは会員ページ  https://labo.mcpc.info/2019/12/06/[改定情報]-平均乖離率は薬価約8-0%、材料価格約5-8%/ よりご覧ください)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です