オンライン面会についてのひな形作りました。

こんにちは。M&C後方支援チームです。皆さんは、オンライン面会はどのようになさっていますか? 

M&Cでは、オンライン面会の説明文、同意書、申し込み書のひな形を作っております。

厚生労働省が高齢者施設におけるオンライン面会の実施について、「利用者とご家族等との間でオンライン面会をしてほしい」と事務連絡を出したのが5月。長期化する現状を踏まえ、さすがに多くの施設がオンライン面会の導入に踏み切っていますが、施設が設備を整えても、ご家族の方がスマートフォン等を上手に使いこなせなかったり、手続きに煩雑な申し込みが必要であったりする場合もあり、「気軽に申し込めない」と悲しんでいるご家族もいらっしゃるようです。

高齢者住宅に入居されているご家族へのお葉書。「余命わずかと宣告されていますが、コロナ禍で会うこともままならず、せめて絵手紙でも」とご家族より。

利用者さんの中には、一刻一刻が貴重な方がいらっしゃいます。厚労省は、「家庭でパソコンなどの環境が準備できない場合は、感染経路を立つと言う趣旨に反しない範囲で施設等の玄関等で実施することも検討するよう」と言っています。利用者さんご家族等にできるだけ寄り添った運用を願います。

5月に出された「高齢者施設等におけるオンラインでの面会の実施について」という事務連絡にはこんなことが書かれていました。

1 オンライン面会に必要な環境の整備
(1)必要となる備品等
(2)オンライン面会を行うにふさわしい環境
(3)新型コロナウイルス感染対策の徹底
2 利用者やご家族等の同意
3 オンラインを行っている事例

高齢者施設等におけるオンラインでの面会の実施について

高齢者施設等におけるオンラインでの面会の実施について
出所 厚生労働省老健局総務課認知症施策推進室 令和2年5月 15 日 事務連絡「高齢者施設等におけるオンラインでの面会の実施について」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です