2022年度診療報酬改定に関する疑義解釈(その3)が公表されております。

厚労省より、2022年度診療報酬改定に対する事務連絡が発出されました(4月11日付)。
「疑義解釈資料の送付について(その3)」
※資料全文は下記からご覧いただけます。

令和4年4月11日付事務連絡「疑義解釈資料の送付について(その3)」

疑義解釈資料の送付について(その3)
(事務連絡:令和4年4月11日付)

診療報酬の算定方法の一部を改正する件(令和4年厚生労働省告示第 54 号)等については、「診療報酬の算定方法の一部改正に伴う実施上の留意事項について」(令和4年3月4日保医発 0304 第1号)等により、令和4年4月1日より実施することとしているところであるが、今般、その取扱いに係る疑義解釈資料を別添1から別添3までのとおり取りまとめたので、本事務連絡を確認の上、適切に運用いただくようお願いします。

<参照:厚労省ホームページ>
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000188411_00037.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です