感染管理認定看護師によるコラムはじまっています。

新型コロナウイルスの影響で、感染対策に注目が集まっています。ニュースもネットも町のうわさも 新型肺炎のニュースばかり…。マスクも売り切れが続き消毒液も品薄だそうです。こんな時だからこそ、感染対策をもう一度見直してみましょう。M&Cパートナーコンサルティングが企画・発行する「それいゆ」では、感染症看護専門看護師、感染管理認定看護師の新改法子さんにお願いし、感染対策について情報発信しています。確認してみてくださいね。

新改法子看護師について

しんかい・のりこ/神戸市立医療センター中央市民病院 感染管理室専従看護師。感染症看 護専門看護師/感染管理認定看護師。看護師免許取得後、神戸市立中央市民病院(現在の神 戸市立医療センター中央市民病院)に就職。2007年感染管理認定看護師資格取得(2012 年、2017年資格更新)。2012年感染症看護専門看護師資格取得(2017年資格更新)。現 在、神戸市立医療センター中央市民病院 感染管理室専従看護師として勤務。海外への学会 発表も積極的。その功績が認められ昨年は日本環境感染学会でトラベルアウオード賞受賞

混乱期こそ、適切な情報発信をしよう

新型コロナウイルス。 厚労省からの発表でも感染の程度は依然として明らかではありませんし、中華人民共和国湖北省武漢市の滞在歴がない国内症例が発生したりもしています。 見えない、わからない、知らないことについてのリスクは怖いものです。無用な混乱を防ぐためにも、このような時こそ、医療機関や介護施設の皆様が、現状を整理し、分かっている段階で適切な情報提供をしていただければ、と思います。たとえば、手洗い、マスク、うがいは基本中の基本ですが、手洗い一つとってもどのように洗えば感染対策として有効なのか。お伝えいただけると患者さん側が安心なさることでしょう。

アルコールは15秒間揉みこむ

新改さんによれば、手指衛生には、流水と石鹸による手洗いと、消毒薬(主にアルコール製剤)による手指消毒があるそうです。「手指消毒のほうが、より速く、より多くの手指に付着した病原微生物を減少させる効 果があるため、現在はこちらがスタンダード」とのこと。新型コロナウイルスについてもアルコールによる消毒で効果があるそうです。ただ、「手指消毒は、アルコール製剤を手に取り、15秒程度しっかりと擦り込む必要があります」とのこと。
15秒というと、結構長いと感じませんか? 
アルコール製剤をパッとふりかけ3秒くらい揉みこんで終わり、となっている患者さんたちも多いのでは?
患者さんの感染対策は、職員の身を守ることにもつながります。医療機関で働く人にとっては当たり前の情報も患者さんにとっては違うかもしれません。お知らせしてください。
ちなみに、手に汚れが付いた場合やアルコール が効かない感染症(ノロウイルスなど)の場合は、石鹸と流水による手洗いが必要とのことです。

その手、感染対策していますか?

医療機関だからといって手洗いが万全なわけではないという事実

「それいゆ」の新改さんのコラムを少し形を変えて引用します。

手指衛生を行う目的は、「汚染した 手を介して病原微生物の伝播を予防すること」です。手洗いは、様々な感染症を減らす効果があり、WHO(世界保健機構)を はじめとする感染対策の専門機関が強 く推奨しています。ただ、驚くべきことに、医療スタッフの手指衛生の遵守率に関する報告では、遵守率がとても低いことも報告されているそうです。遵守率が低い理由は、「指導が不十 分」、「手指衛生の大切さを強調しない組織文化がある」、「使い方・使う場面 を知らない」、「手がふさがっていてできない」、「注意散漫」、「うっかり忘れる」などがあるそうです。

「それいゆ」2月号より

こちらの情報をいただき、実は目を疑いました。医療機関で働く人の手指衛生に不備があるなど思ってもいないことですから。どうかもう一度、皆様の施設における手洗い等の感染対策を見直してみてください。「それいゆ」2月号では、手指衛生の基本とやるべきタイミングについて掲載していますので、関係各所に配布するなどしてご活用ください。

感染対策について学んだ時、向き合う姿勢を伝えよう。

感染対策についての勉強会などをなさった場合は、広報紙やホームページなどを介し、患者さん側にお伝えするようにしてください。貴院が感染対策についてどのように向き合っているのか知らせることにより、患者さんの安心感もぐんと増すことになるでしょう。ちなみに情報を発信するとき、「患者さんを引き付けるような文章にしよう」なとど思わないように。いきなり情報発信のハードルが上がってしまいます。勉強会を開いた時はその情報をたんたんとお知らせするだけでも十分。感染対策の勉強会をホームページにアップしている例をご紹介します。まずは始めてみてください。

長崎県 近藤医院さま  http://kondo-clinic.org/?p=1815

M&C 瓜生

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA