[改定情報] 優先度が高い技術264件、中医協が分科会報告を了承

中央社会保険医療協議会・総会は1月22日、診療報酬調査専門組織・医療技術評価分科会から報告があった医療技術の最終的な評価結果を了承した。学会からの提案があった技術や先進医療として実施されている技術743件について分科会で評価した結果、264件を2020年度診療報酬改定で対応する優先度が高い技術に選定した。内訳は、▽学会などからの提案258件▽先進医療として実施されている技術6件▽両方に該当する技術3件。残り479件は、・・・(続きは、会員専用ページ  https://labo.mcpc.info/2020/01/24/【改定情報】優先度が高い技術264件、中医協が分/ よりご覧ください。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA