セミナー報告「高齢者住宅・通所系サービスの運営改善の工夫 」

日時:2019年9月10日
講師:介護専門研究員 岩尾 篤
主催:ユーミコーポレーション様

高齢者住宅経営の工夫について、介護の視点から、セミナーを行いました。

2018年の介護報酬改定では自立支援や重度化を防ぐ取り組みの必要性が強調された事は、皆様ご存知のことと思います。

地域包括ケアシステムの推進の一環ですが、どこに住んでいても適切な医療介護サービスを切れ目なく受けることができる体制を、国は整備しようとしています。

今回のセミナーでは、高齢者住宅を運営されている方が数多くお越しいただきました。

そこで、どのような住居型サービスが、今後必要とされているのについて、介護施設経営の立場からお話しています。

高齢者の方が入居できる住宅は、ニーズの高いものではありますが、団塊の世代が75歳以上となる2025年が迫り、高齢者住宅そのものも増加し続けています。

超高齢化社会で生き残るための選ばれる高齢者住宅の運営の工夫や、 通所系サービスの特徴の作り方など、実践事例をご紹介いたしました。

岩尾篤プロフィール

介護施設や通所事業所、高齢者住宅での15年以上の勤務経験を経て入社。
高齢者住宅の業務改善・入居者増・収入増に向けての指導、介護施設、事業所の入所者・利用者増に向けての指導が専門。人材確保策の指導も行う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA