熱中症予防ショートのススメ

医業経営、介護施設経営に特化したコンサルタントファームM&C広報です。

厚生労働省は、熱中症予防の普及啓発や注意喚起に関する事務連絡を都道府県などに発出しました。

熱中症予防の普及啓発・注意喚起について(周知依頼)

気温が高くなるこれからの時期、国民一人一人が熱中症予防を行い対策をとることが重要です。
厚生労働省ではリーフレットも作成されています。ぜひ上手に活用してください。

在宅療養の方は要注意

医療機関や介護施設に入院(所)されている方は、水分補給も室温管理も問題ないと思いますが、在宅療養されている方は要注意です。
ご本人はもとより同居のご家族にも熱中症にならないための心構えを伝えてください。
高齢者の方は、喉の渇きを感じにくく、必要な水分量に達していないことがあるそうです。また、トイレの不安がある方は、トイレの回数を減らしたいがために水分補給を控える人もいるとか。「水を飲んだか」だけでなく、どのくらい飲んだかも注意するようにしてください。デイケアやショートステイのサービスが提供できる方は、デイケアの回数を増やすように、あるいはショートステイのお声かけをすることで熱中症を防ぐことができるかもしれません。

M&C作成

#医療機関広報 #M&C #必要な人に必要なお知らせを #日々是広報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です