【改定情報】 20年度薬価改定を告示、1万4,041品目を収載 厚労省

厚生労働省は3月5日、2020年度薬価改定を官報告示した。薬価基準の収載医薬品数は1万4,041品目。内訳は、▽内服薬8,517品目▽注射薬3,444品目▽外用薬2,052品目▽歯科用薬剤28品目―となった。改定実施日は20年4月1日(p1参照)。 最初の後発品の薬価収載から5年経過後も置換え率が80%未満の長期収載品(先発品)の薬価を引き下げる「Z2」ルールが適用されたのは、61成分・154品目。後発品の収載後10年を経過した場合の薬価引き・・・ (続きは会員専用ページ https://labo.mcpc.info/?p=5495 よりご覧ください。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です