「骨太方針2022」が閣議決定されました

令和4年6月7日「経済財政運営と改革の基本方針2022 新しい資本主義へ~課題解決を成長のエンジンに変え、持続可能な経済を実現~」(骨太方針2022)が経済財政諮問会議での答申を経て、閣議決定されました。
全世代型社会保障の構築における社会保障制度基盤の強化に関して以下が明記されております。
  ・機能分化と連携を一層重視した医療・介護提供体制等の国民目線での改革
  ・かかりつけ医機能が発揮される制度整備
  ・地域医療連携推進法人の有効活用
  ・都道府県責務の明確化等に関する必要な法制上の措置を含めた地域医療構想の推進
  ・医師の働き方改革の円滑な施行に向けた取り組み
また、社会保障分野における経済・財政一体改革の強化・推進に関しては以下が明記されております。
  ・オンライン資格確認の導入、23年度から「原則義務化」
  ・医療DXの推進(オンライン診療の活用促進・AIホスピタルの推進及び実装に向けた取り組み)

※資料全文は下記リンク(青字)からご覧いただけます。
 「経済財政運営と改革の基本方針2022」(骨太方針2022)

「経済財政運営と改革の基本方針 2022」(令和4年6月7
<抜粋>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です